沿革

1982年(昭和57年)5月
会社設立 資本金200万円
1985年(昭和60年)7月
増資600万円
1988年(昭和63年)9月
増資1,200万円
1989年(平成元年)12月
新工法開発 テレスコブームマシーン(TBM)発案、完成
1990年(平成2年)10月
仙台営業所(現 東北支店)開設
1991年(平成3年)7月
増資3,000万円
1991年(平成3年)10月
法面掘削機 ロッククライミングマシーン(RCM)完成
1995年(平成7年)5月
大阪営業所(現 関西支店)開設
1997年(平成9年)1月
法面削孔機 アンカーロックマシーン(ARM)完成
1998年(平成10年)8月
熊本営業所(現 九州支店)開設
1999年(平成11年)6月
ロッククライミングマシーン(RCM)10型として岩盤掘削機を投入
2001年(平成13年)8月
コンクリート壁面切削機 完成
2002年(平成14年)
大学と共同で四足歩行型法面作業ロボットの研究に着手
(大学発事業創出実用化研究開発事業として認定)
2010年(平成22年)10月
国土交通省新技術情報提供システムに「高所岩盤掘削機による岩盤掘削工法」を登録(KT-010075-V)
2011年(平成23年)5月
国土交通省新技術情報提供システムに「高所法面掘削機による掘削工法」を登録(KT-010076-V)
2012年(平成24年)1月
施工に使用する資機材管理体制を強化するため機材センターを開設
2014年(平成26年)4月
国土交通省新技術情報提供システムに「無足場ロックボルト工法」を登録(KT-010077-V)
2014年(平成26年)12月
ロッククライミングマシーンを光ファイバーを介して遠隔操縦するシステムを開発(福島第一原発の除染作業に投入)
2015年(平成27年)6月
四国支店 開設
2015年(平成27年)9月
社債発行(第1回無担保社債)
2016年(平成28年)1月
茂原本社開設
2016年(平成28年)2月
北陸支店開設
2016年(平成28年)5月
国土交通省新技術情報提供システムに「無足場4脚走行単管削孔機による削孔工法」を登録(KT-160024-A)